ORGANIZATIONソイルバッグ研究会の事業組織・活動内容

ソイルバッグ研究会は、土質力学・地盤工学の基礎教育および高規格土のう工法「ソイルバッグ」の原理・設計・施工法の正しい理解に基づいて,本工法の適正な普及を図ることを目的として設立されています。本工法に関する新たな研究活動も行ない,その成果の発表・討議を通して,土のうのさらなる可能性を追求いたします。

ACTIVITY事業・活動内容

【教育】土質力学・地盤工学、ソイルバッグの原理・設計・施工法、ソイルバッグに関する設計・施工事例、ソイルバッグに関する研究結果の成果発表、
【技術相談・支援】ソイルバッグ工法の施工管理、技術指導者の派遣・支援、土のうを活用した社会活動のご提案、etc...

PROFILE松岡 元 プロフィール

ご挨拶

私は、若い頃には、土粒子1個1個がどのように動くかなど徹底した基礎研究に打ち込みました。物事の根源―本質―を見極めたかったからです。その中から、土質・地盤技術者がよく用いているモール・クーロンの破壊規準(粘着力cと内部摩擦角φで規定される)の3次元版に相当するSMP破壊規準(空間滑動面―SMP―に基づいた土質材料の破壊規準)を発見できたのは幸いでした。このSMP規準は、金属材料に対するトレスカ規準、ミーゼス規準とも明快に位置付けられ、その美しくシンプルな形もあって世界的に高く評価されています。

50歳になろうかという時に、自分の研究を祈りの内に振り返る機会がありました。国民の税金で好きなことをやらせていただいて来たのだから、最後の10年位は少し役に立つことも考えなくてはと思い始めました。そして、土質力学(Soil Mechanics)の応用部分である土圧問題、支持力問題、斜面の安定問題を対象とした模型実験を行ないました。その中から、先人の知恵「土のう」を力学的に解明し、従来は仮設資材であったものを本設資材として積極的に活用する高規格土のう工法「ソイルバッグ(Soilbag)」を開発できたことは大きな喜びです。ソイルバッグを用いた工法は、支持力増大・沈下抑制効果(土のう直下の軟弱地盤の局所圧密・強化も促す)だけでなく、振動低減効果、地震動減衰効果、凍上防止効果もあり、まさに一石“多”鳥と言えます。

本工法は現時点で海外も含め2,000件以上の施工実績を持っています。今後、日本国内はもとより、開発途上国を含め世界中で普及するよう、できる限りの努力を傾けていきたいと考えております。皆様のいっそうのご協力とご支援をお願い申しあげます。

学歴

1966年 3月
1968年 3月
1971年 3月
京都大学工学部土木工学科卒業
京都大学大学院工学研究科土木工学専攻修士課程終了
京都大学大学院工学研究科土木工学専攻博士課程単位取得

学位

1974年 1月 工学博士(京都大学)”DEFORMATION CHARACTERISTICS OF SOIL”

職歴

1971年 4月 京都大学防災研究所助手
1973年 4月 京都大学防災研究所助教授
1976年 4月 名古屋工業大学工学部助教授
1976年 9月 ノルウェー国ノルウェー地盤工学研究所へ海外研修(1977年10月まで)
1986年 1月 文部省長期在外研究員としてオーストラリア国シドニー大学および
英国オックスフォード大学へ出張(1986年11月まで)
1987年10月 名古屋工業大学工学部教授
2006年 4月 名古屋工業大学名誉教授(現在に至る)

所属学会

地盤工学会
土木学会
建築学会

著書

発表論文・著書ページをご覧下さい

受賞

1975年 地盤工学会奨励賞
1987年 地盤工学会論文賞
1999年 地盤工学会功労賞
2004年 土木学会技術開発賞(原位置せん断試験法)、簡明技術賞(PORT賞)
2005年 土木学会技術開発賞(高規格土のう工法「ソイルバッグ」)

社会的活動

1973年 地盤工学会関西支部幹事
1976年 地盤工学会中部支部幹事
1980年 地盤工学会論文報告編集委員会委員
1986年 土木学会中部支部幹事
1990年 地盤工学会理事
1992年 地盤工学会中部副支部長
1994年 地盤工学会中部支部長
1996年 土木学会中部支部商議員
2004年 土木学会表彰委員

D・BOX工法には、障害者施設を支援するシステムが組み込まれています。具体的には、D・BOX にガイドゲージと呼ばれるプラスチック製の枠をはめこむ作業を障害者施設にお願いし、通常の手間賃の数10倍の費用をお支払いして障害者の自活を支援するものです。結果として、国や県は障害者施設への補助金を節約できますから、その分を道路や他の土木・建築経費に回すこともでき、建設分野の活性化にもつながります。これは、新たな取り組みとして注目され、すでに機能しています。例えば、本工法で道路を1km建設すれば、5~10人/年の障害者が自活できて、自尊心を保ちつつ生活できるというものです。そのためには、本工法が他に追随を許さない抜群の技術であることが基本となります。埼玉県、山梨県、愛知県の一部ですでに使われています。

資本主義社会では利潤追求が第一ですが、利益の一部を初めから社会-できれば様々な意味で支援の必要な“弱い社会”-に還元することを組み込んだシステムを構築し、利益の均等化、「均等をはかる」精神を実現する方法の一つになっています。このような相互扶助精神に基づく利益の均等化システムの構築は、さまざまな分野で応用が可能と思われます。

 

MEMBERS会員

法人会員 (株)愛河興業
(有)アイム設計・
(株)アースプライム
(有)アルファ企画・
石友ホーム(株)・
(株)岩田組
(株)エフエフ住宅
(有)共同建設
クエイク・プルーフ・ジャパン(株)
(株)グランテック
(株)ジーエルプラン GL-Plan
(株)JFDエンジニアリング
積水化学工業(株)
積水ハウス(株)
(株)新研設備工業・
(株)セリオス
大有コンクリート工業(株)
太洋基礎工業(株)
中部土木(株)
(有)T.H.P.・
東亜建設工業(株)・
(株)中村土木建設・
(株)日本アルテック・
パシフィックコンサルタンツ(株)
(有)ヒルクレスト インターナショナル・
富士エンジニアリング(株)・
三菱樹脂(株)・
メトリー技術研究所(株)
(有)矢野鉄工所・
(株)山本工務店
個人会員 広島大学大学院 教授 山本春行
(株)MG耐震技術研究所 山口啓三郎
加藤洋一郎
近鉄軌道エンジニアリング(株) 脇田真至・
桐葉測量(株) 鈴木孝良・
空間工房 葵 水野裕弓
(株)コトブキ産業
ジェイトリム名岐 松野和親
中部電力(株) 日高寿之・
飛島建設(株)・
(株)藤井基礎設計事務所
(有)MASA建築構造設計室 真崎雄一
(有)光中 中下利光
(株)濱田製作所・
(株)WASC基礎地盤研究所 高森洋
(有)若山建設 伊藤 周
和光産業(株) 大塚 隆・
(株)ハウジングアイチ 鬼頭ゆか
基礎地盤コンサルタンツ(株) 岡田進
(有)タムラクレーン 俵坂茂
(株)中村組 中村奨
建築設計・明(メイ) 澤岻安正
(有)丸太はうす 建築 新浜裕之
(有)鳥居住宅 鳥居春男
さくら開発(株) 山本隆
(株)廣川組 廣川栄一郎
(有)アルファ企画 石井英敬
(株)富士建商 酒井孝徳
(株)宮崎組 宮崎正敏
パシフィックコンサルタンツ(株) 嶋田宏
TKSティケィサービス 土谷憲一

JOIN入会のご案内

高規格土のう工法『ソイルバッグ』に関心をお持ちいただきましてありがとうございます。当研究会は開発者また研究者である名古屋工業大学名誉教授・工学博士・松岡 元(はじめ)を中心として、『高規格土のう工法』の正しい普及・発展とそのための土質力学・地盤工学を理解した専門技術者の養成を目指して設立されました。研究会にご参加いただくことによって、適正な方法で本工法をお役立ていただくことができます(基礎をしっかり把握することで、土のうの真の活用法を理解し、自らの力で展開することができます)。つきましては、下記の通りご案内いたしますのでご参加いただきますようお願い申し上げます。

会員になると・・・

  • 名古屋で年4回開催される勉強会にご出席いただき、土質力学・地盤工学・『高規格土のう工法』について理解すると共に、最新事例を含めた工法技術の詳細を学びます。
  • 講義内容をレポートにしてご提出いただき、松岡がコメントを付けて返却いたします。土質力学および土のう工法の原理の理解に基づいて、本工法を各方面で展開していくための専門技術をしっかりと習得できます。
  • 実際の施工現場の見学等を通して本工法の理解を深めます。
  • 松岡への技術相談を承ります。

年会費は…

法人会員(複数の社員の参加可、技術相談可)と個人会員があります。
研究会運営のための実費として、それぞれ少額の年会費の納入をお願いしています。お問い合わせください。

下記の口座へお振り込み願います。
【東濃信用金庫 坂下支店 (普通)0918124 ソイルバッグ研究会 代表 松岡 元】

ご入会のために・・・

下記の情報をお知らせ下さい。

  • 郵便番号
  • 住所
  • 会社名(個人の方はご職業)
  • 担当者名・氏名
  • 電話番号
  • E-mailアドレス